穴が貫通したムクロジ種子

用意するもの

・カッターマットや雑誌、新聞等、
 机を傷つけない緩衝材となるもの

・千枚通し(目打ち)、キリ

・クラフトテープ等の粘着テープ

・棒ヤスリ

・ハンマー

・きれいに洗ったムクロジの種子

・精密ドライバー等、丈夫で細い金属棒

ムクロジの種子に穴をあける道具 ハンマー、棒ヤスリ、千枚通し、ムクロジの種子、クラフトテープ

穴のあけ方

作業台にカッターマットや雑誌等を置き、が貫通しても大丈夫なようにしておきます。


種子が転がらないように作業台に粘着テープをセットします。

クラフトテープで滑り止めを作る

クラフトテープ布テープなどの粘着テープを10cmほど切って、粘着面にして輪を作ってから輪をつぶして、数回畳んで2〜3cmの大きさにします。


粘着テープにムクロジ種子を押しつけて簡易的に固定します。
一文字が上面の中央にくるように設置するのがポイント。

粘着面を上にして折りたたんだクラフトテープの上に置いたムクロジの種子

これだけでムクロジ種子滑りにくくなり、作業しやすくなります。

耐震ジェルマットの上に置いたムクロジの種子

転倒防止用の耐震ジェルマットの上に置いても滑りにくくなります。


種子へそにあたる一文字の中央に千枚通しを垂直に突き立てて、押し込みます。

ムクロジの種子のへそにあたる一文字ライン
ムクロジの種子の殻断面
種子の中の様子

種子の断面を見ると一文字ラインの中央だけ、堅い殻が薄くなっているのがわかります。

ムクロジの種子を縦に割った断面
ムクロジの種子の殻断面

うまくポイントを突けば、サクッ千枚通しの先端が刺さります。

ムクロジの種子の穴をあけるポイント部分に千枚通しを垂直に突き立てたところ 拡大

そのまま垂直に千枚通しの後部をハンマーで軽く叩いて、種子を貫通させます。

ムクロジの種子の穴をあけるポイント部分に千枚通しを垂直に突き立てたところ
千枚通しをムクロジの種子の一文字に突き立てて押し込むところ

種子中心がずれないように、種子千枚通しをしっかりと固定しながらハンマーを打つこと。
支えの手には作業用手袋皮手袋等をすると安全です。

強い力で一気に叩いたり、打ち込み過ぎると割れるので注意。

ムクロジの種子は大きいものでも15mm位。なので18mm位のところにガイドマークをつけると打ち込む時の目安となります。

ガイドのマスキングテープを貼った千枚通し

キリで貫通させてもOKです。

千枚通しでムクロジの種子を貫通させたところ

貫いてできた棒やすりの大きさを調整しながらバリ取りをします。一文字の周辺もでっぱりがあればやすりがけします。

ムクロジ種子にあいた穴に棒やすりでやすりがけしているところ

反対側のも同様にやすりがけをすれば、穴あけは完了です。

やすりがけしたムクロジ種子の貫通させた穴

種子の中身を精密ドライバー等の細い金属棒で丁寧にかき出せば、
完了。(この作業が一番面倒)

ムクロジの種子に開けた穴から中身を金属棒で出しているところ
ムクロジの種子に開けた穴から中の仁を金属棒で押し出しているところ

種子の中の油脂成分がワックスの役割をしてツヤが出ます。

鉄工用六角軸ドリル1.2mm

今のところ、充電ドライバーに着脱するタイプの鉄工用六角軸ドリル1.2mmを手に持って、グリグリと中身を砕いてかき出しながら掃除機すきまノズルに当てて中身を吸い込む方法に落ち着いていますが、中身を取り出す簡単な方法を今後も模索する予定です。

ムクロジの種子に開けた穴から中の仁を鉄工用六角軸ドリルでかき出しているところ
穴があけられたムクロジ種子
穴があけられた黒くて艶やかなムクロジ種子

の大きさは約2mmなので、それ以下の太さのテグス等でを繋ぎます。

数珠風につなげた穴があけられたムクロジ種子

を貫通させなければ、羽根つき羽根も作れます。

その場合は羽根を差し込むため、3mmぐらいのやや大きめにして中身を取り出します。

3mmぐらいの穴があけられたムクロジ種子

あいた爪楊枝などで木工用ボンドを詰め、羽根を差し込みます。予め束ねておいた羽根を差し込んでもOK。

ムクロジ種子と白鳥の羽根で作った羽根
ムクロジ種子と野鳥の羽で作った羽根