かわいいものが好きな方のための癒し系サイト
うさぎのぷうちゃんわーるど

楽しくてわかりやすい
ぷう太郎の
履歴書の書き方講座

採用試験に落ちてがっかりしているうさぎの「ぷう太郎」…そうなる前に履歴書のチェック

名にし負はば
  いざ言問はむ ぷう太郎
   わが履歴書のありやなしやと


[ 勝手な現代語訳 ]

ぷう太郎って名前なら答えてよ

私の履歴書OKかどうか!?


と言う事で、うさぎのぷう太郎が初めて履歴書を書く方の為に好印象を与える履歴書の書き方を楽しくわかりやすくレクチャーします。


履歴書を書く時の心得

間違えたら、あきらめが肝心!
大変でも何度でも最初から書き直す


面倒でも、先に下書きを作ってそれを見ながら書くと失敗が少ない

黒いペンで真剣に履歴書を書くうさぎの「ぷう太郎」

「面倒くさい」とか「大変」という気持ちを無くして、とにかく集中


書き終わったら念の為に必ず確認


コピー(控え)をとっておく
(面接の時に矛盾がないように)


読む人の立場になって「好印象」を与える履歴書の作成を心がける

履歴書を書く時の注意点

学歴を書く

まず「学歴」と行の中央に書く

履歴書の学歴の書き方の例
「同校卒業」のように省略しない、学歴の書き方の例

職歴を書く

入・退社の年月を間違えない事!


志望動機は真剣に考えよう

「貴社の社風にひかれたため」などと志望動機をあいまいな表現でしない事。具体的に応募企業で貢献できる事を念頭に入れて作成しましょう。


志望動機はあなたがどれだけ就職に前向きに取り組んでいるかが伺われる箇所。特に重要視される項目なので今までの経験を活かしてどのように貢献できるかを積極的に自分の言葉で簡潔にアピールする事が大切です。

事業内容、商品、サービス・業績、シェア・社員、社風 等志望企業のどこに魅力を感じたのか考え、自分との接点やエピソードを考えてみましょう。


そのためには応募企業の特徴や強みをしっかりと調べて理解・把握をしておく必要があります。


あいまいな志望動機は説得力がない
アピールポイントは魅力的に!

免許・資格

通勤時間

その他のポイント


少々字がへたくそでも、心を込めて書くと誠意が伝わるとか

大変だけど、がんばれ!ぷう太郎!!

郵送する時に好印象な提出の仕方


封筒を書く時の注意点

印鑑について

最近の履歴書には、捺印をする欄が最初から無いものがあります。その場合は押印しなくても大丈夫ですが企業によっては押印を求められるケースもあるそうです。念のためにハンコを持参して行きましょう。押印する場所は名前の右です。

また、捺印欄がある場合には認印で朱肉を使って押印します。朱肉がかすれたりベッタベタにつき過ぎないように気をつけて、できるだけまっすぐにして中央に押すようにしましょう!


捺印欄にハンコを押す時の注意

いきなり本番で押さない事!印鑑がうまくできなかった場合、その上に重ねて押印する事はNGです。

失敗してしまった時は大変ですが、また新規に履歴書を作成しましょう。

そうならないためにも本番前には試し押しをして練習しておきましょう。


また、最初に押印しておくと最期にやり直すリスクは減りますね。ただ、朱肉が乾かないうちに書類を書くと手でこすって汚してしまう事があるので注意しましょう。


印鑑はできるだけまっすぐが基本ですがほんの少し左斜めに押すとお辞儀をしているように見えるため好印象という声もあるんだとか

少し左斜めに押されたうさぎの「ぷう太郎」の認め印
逆に右に傾けるとふんぞり返って威張っているように見えるらしいので右に傾けて押さないように気をつけましょう。

ハンコの押し方 >

ハンコの押し方

ハンコを押す時に用意する物


ハンコを押す前に確認・準備する事


朱肉の付け方

ハンコを朱肉につける時は軽く叩くように「ポンポン」とソフトタッチで軽く回しながら全体にまんべんなくつける。強く押し付けて朱肉をつけ過ぎないように注意しましょう!

朱肉の付け方

ハンコの押し方

  1. 朱肉を付け、印面の上下を確認
  2. 印面の上にあたる部分に人差し指添えて全体を包み込むように持つ
    印面の上下を確認
  3. ハンコのお尻部分が手のひらに当たるようにして支える
    ハンコの持ち方
  4. ハンコを押す前に押す位置が安定するよう左手の親指で支える
  5. 人差し指がハンコの真上にくるようにハンコを紙に対し垂直に押し付ける
    その時、一気に押さない事!
    左手を右手の上に添えて押した面を固定したまま、ハンコの中心で「の」の字を書くように、重心を移動させる気持ちで押しつける
    ハンコの押し方
  6. 紙から離す時も気を抜かないで、ゆっくりと上へ離す
  7. 押し終わったら、ティッシュ等で印面に残った朱肉を拭き取る
    この時も「の」の字を書くように回すと、きれいに拭き取れる

ハンコをまっすぐに押すコツ >

ハンコをまっすぐに押すコツ

何度やってもハンコをまっすぐに押せない時には以下の方法を試してみてください。


ハンコには上下表すにマークが上にあると思います。

このマークが手前くると正確な位置が見やすくなります。そこで書類の上下を逆さまにして押す練習をしてみましょう。


最初からハンコの下の所に目印をつけておくのも良いですね。左横の方がみやすい方は左横の方に、自分の押しやすい位置に油性ペンでピンポイントで目印をつけるのがポイントです。

ハンコに目印をつけておく

ハンコの押し方 >

印鑑とハンコの違い

知ってる!? ハンコと印鑑の違い

現在は印鑑というとハンコそのもののことを指して使われている事が多いのですが、実際には違う事をご存知でしょうか?


ハンコは文字を彫刻した型の事で、押す物です。

印鑑は紙などにハンコを押したあとの形の事です。印影とも呼ばれます。


よく耳にする「印鑑ください」は「ハンコを押印して、ここにハンコの形を写してください」という意味なんですね。知ってしまったら、使い分けてみましょうね。

「ハンコを押印して印鑑をお願いします」と言って働いているうさぎのぷう太郎
できるうさぎはひと味違う!?

ハンコの押し方 >

写真で好印象に!


履歴書は書き損じることもあるので写真は最後に貼る方が良いでしょう。


写真写りを良くするために櫛で髪型をキメてるうさぎの「ぷう太郎」
写真を撮る時には客観的に

退社の理由を考えておく

面接の時に必ず質問されるので退社の理由を考えておこう!

「お給料安いし、いじめられるし、嫌んなっちゃた」

などと事実でもマイナスイメージになる内容は書いてはだめ。

枕を抱えて「いやんなっちゃった」と愚痴りながらも「でもそれを書いちゃいけないのね」と確認しているうさぎの「ぷう太郎」

「より高い専門的知識や能力を身につけさせたかった」等、前向きな理由を準備しておくように!

電話応募の時の注意

電話をかけるうさぎの「ぷう太郎」

履歴書以外 その他の注意

便利で実用的なページのリンク集

忙しい時の調べものは効率よくしたいものですね。そこで、時短に役立つ超便利サイトを紹介します。


履歴書を書く時の注意点内で紹介している西暦 - 年号 早見表便利ページ様のサイトから引用させていただいています。このように何度も使いそうなページを集めた便利で実用的なページのリンク集なので調べものをしたい時に頼りになるお役立ちサイトです。

是非ご活用ください。

便利ページロゴ

このページは「なんだろな」の中のこのページは「なんだろな」

「ぷう太郎の履歴書の書き方講座」