かわいいものが好きな方のための癒し系サイト
うさぎのぷうちゃんわーるど

不思議で楽しい植物の世界
仏教三大聖樹
ムクロジ 番外編

縁起の良い仏教関連の木

仏教三大聖樹とはお釈迦様の生涯に関った3つの樹木の事で
無憂樹(ムユウジュ)
印度菩提樹 (インドボダイジュ)
沙羅双樹 (サラソウジュ)
を指します。

ムクロジとはまさに数珠つながりのページ


数珠の起源とされる木の実に関しては、

おもしろい木の実 ムクロジ ▶

モクゲンジ ▶

仏教三大聖樹 無憂樹 (ムユウジュ)

緑色の葉にオレンジ色の花を咲かせるムユウジュ

[マメ科]

お釈迦様のお母様 マーヤー摩耶婦人が無憂樹を愛で、一枝折ろうとした時にお釈迦様が生まれたと伝えられる木で、インドでは乙女の恋をかなえる木、出産や誕生、結婚等、女性にとっての幸福の木として愛好されているのだそうです。

英名でAsoka tree, Sorrowless treeと呼ばれるAsokaアショカ)とは「憂い無し」という意味なんだそうで、これが名前の由来なんですね。

ムユウジュの花
ムユウジュの花拡大
美しい無憂樹の花

4月8日のお釈迦さまのお誕生日を祝う花祭りでは本来この美しいを愛でていたということです。しかし耐寒性がないためか、日本では馴染みがないのが残念ですね。


熱帯地方では街路樹に利用され、夜に芳香を放つということです。

また、淡いピンクから黄緑色に変わるパステルカラーの若葉もしなやかできれいです。特にピンク色の葉美しい花のように見えて魅力的。

無憂樹の新緑
カラフルなパステルカラーの無憂樹の新緑
しなやかなパステルカラーの若葉

お釈迦様は生まれた途端、七歩歩いて右手で天を指し、左手で地を指して天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん)と話したという伝説は有名ですが、これは優越感に浸るおごった言葉ではなく、この世に唯一無二(オンリーワン)の存在として生まれた人の命の尊さを示しているのだそうです。

印度菩提樹(インドボダイジュ)

お釈迦様が悟りを開いた所にあった印度菩提樹天竺菩提樹とも呼ばれています。

インドボダイジュ

[クワ科]

お釈迦さまゴータマ・ブッダの別名であったボーディーBhodhi)から菩提樹という名前がつけられたそうです。

ブッダガヤの菩提樹
ブッダガヤの菩提樹

印度菩提樹はクワ科イチジク属の常緑性高木。寒さに弱いため、降霜のない地帯で育ち、大樹が自生する場所は地下水の存在を示す指標となるのだそうです。

印度菩提樹の葉

photo by Eric Guinther

はなめらかな革質でギザが無く、先端が尾状に長く尖っていて葉柄が長いのが目立った特徴です。

また、果実は鳥類に好まれ、種子は広範囲に散布されまが、数珠を作るのには小さすぎて不向きなので数珠作りには材を利用するのだとか。


※日本の寺院などで菩提樹として栽培されているものは中国原産のシナノキ科の菩提樹で植物学的には別種の樹木。には鋭い鋸歯(ギザ)があります。

※シューベルトの歌曲で知られている菩提樹西洋菩提樹でシナノキ科の樹木。

別名、リンデンバウムセイヨウシナノキにはギザがあります。

セイヨウボダイジュの葉

沙羅双樹(サラソウジュ)

お釈迦様が亡くなった所にあったという沙羅双樹常緑高木です。

サラノキ

[フタバガキ科]

春に白い花を咲かせ、ジャスミンのような香りを放つのだそうです。

日本では珍しいサラノキの花については、

▶ 草津市立 水生植物公園みずの森 公園だより
 サラノキ開花情報


祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす

格調高い「平家物語」の冒頭に出てくることで有名です。

沙羅双樹
photo by Amada44

沙羅双樹双樹とはお釈迦様が亡くなった時にその四方にこの木が2本ずつ生えていたという伝説によるものだそうです。

沙羅樹 (サラノキシャラノキ) とも呼ばれますが一般的に沙羅シャラ)と呼ばれるツバキ科ナツツバキとは別種の樹木です。

ナツツバキの花
ナツツバキの花
美しいナツツバキの幹肌
美しいナツツバキの幹肌

このページは「なんだろな」の中の
このページは「なんだろな」

不思議で楽しい植物の世界
仏教三大聖樹