かわいいものが好きな方のための癒し系サイト
うさぎのぷうちゃんわーるど

超時短発芽させた
ワタの成長
趣味の綿花栽培

種皮むき発芽させたワタから
コットンボールが弾けるまで

発芽し始めたアメリカ綿とアジア綿種子の種皮を取り除いたところ

強制的に種皮を剥がして、超時短発芽させたアメリカ綿アジア綿

発芽後ワタ栽培としてはやや小さめの6号鉢でコンパクト栽培実験。無事コットンボールが弾けました。

コットンボールが弾けた6号鉢で栽培してアメリカ綿とアジア綿
アジア綿(左)  アメリカ綿(右)

初めてコットンボールが弾けたのが
アジア綿発芽実験開始から106日、アメリカ綿が117日目と、今季の栽培で最速でした。

こじんまりとした姿にコットンボールが弾けた様子はドワーフコットン風。

ふかふかの白いコットンボールが弾けたドワーフコットン風のアジア綿

ふかふかの白いコットンボールの存在感が大きくて、想像以上にイイカンジとなりました

ふかふかの白いコットンボールが弾けたドワーフコットン風のアメリカ綿

ワタは大きめの鉢で育てるのが基本ですが、あえて小さな鉢で育てたらどうなるかを今回のコンパクト栽培実験で知ることができました。

10号鉢で栽培したアメリカ綿のコットンボールがたくさん弾けているところ

同じワタ種子から発芽させたものを10鉢で栽培したものは、比較をするとかなり大きく育ちました。

土の量に合わせて成長度合いや綿花の収穫量が大きく変わることも実感できたので、次回は超時短発芽させたワタの大鉢栽培に挑戦してみたいです。

栽培場所は埼玉県 奥武蔵のベランダ。

実験開始:2020年5月27日

栽培種はアメリカ綿洋綿)とアジア綿和綿)の矮性種の2種類。

正確な品種名は不明。

超時短発芽 ワタの成長 メニュー

1. 発芽実験 開始

ワタ種皮を剥がします。

乾燥したまま剥がせますが、種皮は堅いので、種子をぬるま湯に浸して軟らかくなってから剥がした方が簡単です。外気温が低い場合は魔法瓶を使うと便利。

次にを覆っている膜質の内種皮を剥がします。ぴったりとくっついて剥がしにくいので、これもぬるま湯に浸しから作業するとやりやすい。を傷つけないように剥がします。

デザインカッターとピンセットを使用


アメリカ綿

ぬるま湯に4時間浸してから種皮を剥がしたところ。

アメリカ綿の堅い種子種皮をぬるま湯でふやかしてから外したところ

薄皮を取り除いた

内種皮を外したアメリカ綿の種子

アジア綿

乾燥状態で種皮を剥がしたところ。

堅い種皮を外したアジア綿の種子

ゆで卵の薄皮のような内種皮

アジア綿の種子内種皮を剥がしているところ

薄皮を取り除いた

内種皮を外したアジア綿の種子

種皮が取り除かれたは雑菌に弱いので、清潔な環境で管理します。

このを湿らせたキッチンペーパーで包んでから、チャック付きポリ袋に入れて、それをぬるま湯の入った魔法瓶に入れて約1日放置します。

外気温が高い場合は魔法瓶は不要。

種皮むき発芽については、

▶ 参照:種皮むき発芽


続きは、
2. 発芽実験 20時間後 ▶

2. 発芽実験 20時間後

発芽実験開始から20時間後、幼根が伸びて、子葉も開く兆候が見られます。


アメリカ綿

発根中の種皮を外したアメリカ綿
根が伸び始めている種皮を外したアメリカ綿
子葉が開き始め、根が伸び始めている種皮を外したアメリカ綿

発根度合いは個体差があり、この時元気の良いものが成長著しい結果に。この発芽方法だと早期に優良苗の選別がしやすくなります。


土の中で発芽した環境に近づけるため、が伸びてきた時点でもやしを湿らせたキッチンペーパーで個別に包んで、小さめの容器に入れて立つようにしておき、光の当たる温かな場所で乾燥させないように注意して管理します。

アメリカ綿のもやしを湿らせたキッチンペーパーで包んでから小さな容器に入れて保管

アジア綿

子葉が開き始め、根が伸び始めている種皮を外したアジア綿
根が伸び、子葉が開き始めている種皮を外したアジア綿

続きは、
3. 発芽実験 3日目 ▶

3. 発芽実験 3日目

発芽実験開始から3日目、キッチンペーパーの隙間から光が当たって、子葉が緑色になって開き始め、も伸びてきました。

アメリカ綿アジア綿、どちらとも順調で、同じような成長具合です。


アメリカ綿

湿らせたキッチンペーパーで包んだアメリカ綿もやし
子葉が淡い緑色になって開きかけたアメリカ綿

アジア綿

子葉が淡い緑色になって開きかけたアジア綿
子葉が淡い緑色になって開きかけたアジア綿の子葉部分拡大

続きは、
4. 発芽実験 5日目 ▶

4. 発芽実験 5日目

発芽実験開始から5日目に主根から側根が出始めました。

も開いて濃い緑色になって大きくなっています。


アメリカ綿

側根が出始めたアメリカ綿
側根が出始めたアメリカ綿 側根部 拡大

アジア綿

アジア綿のもやしの根の部分を数本束ねて湿ったキッチンペーパーでくるんで立てている

子葉が光合成できるようににだけを湿らせたキッチンペーパーで個別に包んで、立たせています。

側根が出始めたアジア綿
側根が出始めたアジア綿 側根部 拡大

アメリカ綿アジア綿、どちらもが長くなってきたので、小さな容器で水挿しをすることに。光の当たる温かな場所でが乾燥しないように注意しながら管理。

アメリカ綿のもやしを水挿しで育てているところ

観察用に透明ガラス瓶を使っていますが、の部分は土の中に近い環境が良いので遮光するか、光を通さない容器を使用して水温が上がり過ぎないようにします。

乾燥防止にはペットボトルをカットして、上部のキャップを外したもの被せておきました。密閉すると、熱くなり過ぎるので注意。


続きは、
5. 発芽実験 6日目 ▶

5. 発芽実験 6日目

発芽実験開始から6日目に側根が目立ってきました。

主根も伸びてきたので、ポリポットの培養土に植えつけました。

植えつけ時には、子葉に土がつかないように注意します。


アメリカ綿

側根が目立ち出始めたアメリカ綿
側根が目立ち始めたアメリカ綿 側根部 拡大
側根が目立ち始めたアメリカ綿の植えつけ

乾燥防止目的で、の先に園芸用のジェリーボールを入れて植えつけ。

ポリポットに植えつけたアメリカ綿の苗

アジア綿

側根が目立ち始めたアジア綿

この苗は先端が少し折れていますが、側根が元気よく出ていれば問題なく育ちます。

側根が目立ち始めたアジア綿 側根部 拡大
ポリポットに植え付けたアジア綿の苗

続きは、
6. 発芽実験 10日後 ▶

6. 発芽実験 10日後

発芽実験開始から10日たった時には本葉が出始めました。

本葉が出始めたアメリカ綿とアジア綿の苗

アメリカ綿

本葉が出始めた種皮むき発芽させたアメリカ綿
子葉の葉柄の間から本葉が出始めているアメリカ綿

アジア綿

子葉の葉柄の間から本葉が出始めているアジア綿
本葉が出始めた種皮むき発芽させたアジア綿

続きは、
7. 発芽実験 15日後 ▶

7. 発芽実験 15日後

発芽実験開始から15日後の様子。

本葉が出てきたので、元気の良い苗を選抜してポリポットから6号鉢へ植え替えしました。

6号鉢に植え付けられた本葉が2枚出始めたアメリカ綿とアジア綿
アメリカ綿(左)  アジア綿(右)

ワタ栽培時の鉢は10号位が望ましいのですが、発芽実験時期が遅めなので、収穫のことは考えず、やや小さめの6号鉢でどのように成長するかを実験目的にしたからです。

夏日も続き、気温も後押しして元気に育っています。


アメリカ綿

本葉が2枚出始めた種皮むき発芽させたアメリカ綿

アジア綿

本葉が2枚出始めた種皮むき発芽させたアジア綿

続きは、
8. 発芽実験 3週間後 ▶

8. 発芽実験 3週間後

発芽実験開始から21日後の様子。

本葉が順調に大きくなって、枚数も少し増えてきました。


アメリカ綿

本葉が4枚出始めた種皮むき発芽させたアメリカ綿

アジア綿

本葉が5枚出始めた種皮むき発芽させたアジア綿

続きは、
9. 発芽実験 4週間後 ▶

9. 発芽実験 4週間後

発芽実験開始から28日後の様子。

梅雨で陽射しがやや少なめですが、本葉が大きくなってきました。

春に発芽させたものと比べると気温が味方して育ちがかなり速いです。


アメリカ綿

本葉が大きくなってきた種皮むき発芽させたアメリカ綿

アジア綿

本葉が大きくなってきた種皮むき発芽させたアジア綿

続きは、
10. 発芽実験 5週間後 ▶

10. 発芽実験 5週間後

発芽実験開始から35日後の様子。

相変わらず梅雨で陽射しがやや少なめですが、背丈が伸びてきました。


アメリカ綿

背丈が伸びてきた種皮むき発芽させたアメリカ綿

アジア綿

背丈が伸びてきた種皮むき発芽させたアジア綿

続きは、
11. 発芽実験 6週間後 ▶

11. 発芽実験 6週間後

7月8日、発芽実験開始から42日後の様子。

長引く梅雨で陽射しが少ないせいか、鉢が小さいせいなのかヒョロリと成長しています。


アメリカ綿

ひょろりと背丈が伸びてきた種皮むき発芽させたアメリカ綿

アジア綿

アジア綿には早々に小さなが現れました!成長が速いです。

ひょろりと背丈が伸びてきた種皮むき発芽させたアジア綿
ひょろりと背丈が伸びてきた種皮むき発芽させたアジア綿の花芽

続きは、
12. 発芽実験 7週間後 ▶

12. 発芽実験 7週間後

7月15日、発芽実験開始から49日後の様子。

日照不足が長引いています。


アメリカ綿

アメリカ綿は葉柄が伸びてきて全体的に幅広になってきました。

種皮むき発芽させた7月中旬のアメリカ綿

アジア綿

アジア綿は大きなが増えて順調に成長しています。

種皮むき発芽させた7月中旬のアジア綿

続きは、
13. 発芽実験 8週間後 ▶

13. 発芽実験 8週間後

7月22日、発芽実験開始から56日後の様子。日照不足続きです。


アメリカ綿

アメリカ綿は15cm×16cm位の大きなとなり、高さは約45cm。

種皮むき発芽させた7月下旬のアメリカ綿

は小さなも入れて20枚。

アジア綿に遅れてやっと小さながつき始めました。

小さな蕾がつき始めた種皮むき発芽させた7月下旬のアメリカ綿

アジア綿

アジア綿は大きなは14cm×13cm位で高さが約49cm。

種皮むき発芽させた7月下旬のアジア綿

は23枚での数は6個。

種皮むき発芽させた7月下旬のアジア綿の蕾

続きは、
14. 発芽実験 10週間+α後 ▶

14. 発芽実験 10週間+α後

長い梅雨があけて、陽射しが戻ってきました。8月上旬に待望の初開花がありました。鉢が小さいせいか、どちらもは小さめで、ドワーフ(矮性種)の趣です。


アメリカ綿

8月9日、発芽実験開始から75日後にアメリカ綿1番花を咲かせました。

種皮むき発芽させた8月上旬のアメリカ綿と実験75日目のアメリカ綿の花の大きさの比較
今回の1番花(左)  通常の花(右)

4月6日に実験を始めたものが88日、他は100日前後で初開花だったので、小さいながらも今季で1番速いペースでの初開花です。

種皮むき発芽させた8月上旬のアメリカ綿
種皮むき発芽させた8月上旬の1番花を咲かせたアメリカ綿
種皮むき発芽させた8月上旬のアメリカ綿
葯が開き始めた8月上旬のアメリカ綿の花の

アジア綿

8月7日、発芽実験開始から72日後にアジア綿1番花を咲かせ9日には2番3番花を咲かせました。

種皮むき発芽させた8月上旬のアジア綿
1番花が咲いた種皮むき発芽させた8月下旬のアジア綿の
種皮むき発芽させた8月下旬のアジア綿の1番花

背が伸びてバランスが悪かったので6日に摘芯を行いましたが、不十分だったので、8日にもう一度摘芯を行いました。

開花前のひょろりと伸びたアジア綿とアメリカ綿
8月6日のアメリカ綿と摘芯前のアジア綿

続きは、
15. 発芽実験 12週間+α中 ▶

15. 発芽実験 12週間+α後

8月23日、発芽実験開始から88日後にアメリカ綿アジア綿はどちらも6号鉢の小柄な姿に次々とを咲かせてドワーフコットンみたいな趣となり、思いの外魅力的です。


アメリカ綿

アメリカ綿は次々と開花して7番花が開花中。2番花以降、少し大きめのが咲くようになりました。

種皮むき発芽させた8月下旬のアメリカ綿

アメリカ綿は萎れた花弁を残しながらをつけています。

次々と実をならせる種皮むき発芽させた8月下旬のアメリカ綿

も大きくなってきました。

種皮むき発芽させた8月下旬のアメリカ綿の実

アジア綿

こんもりと茂ってボリュームが出てきたアジア綿6番花が開花。

種皮むき発芽させた8月下旬のアジア綿

も大きくなってきました。

種皮むき発芽させた8月下旬のアジア綿の実

残念ながら1番果は開花翌日に落果してしまいました。


続きは、
16. 発芽実験 14週間+α後 ▶

16. 発芽実験 14週間+α後

9月上旬、発芽実験開始から14週間+α経ったアメリカ綿アジア綿はどちらもが順調に大きくなってきています。

5月下旬に種皮むき発芽させたこの2本は4月に発芽させたものと比較すると、圧倒的に速いペースでを咲かせていますが、やはり6号鉢では少々窮屈そうです。


アメリカ綿

アメリカ綿発芽実験開始から102日後に1011番花を咲かせ翌日に開花しそうなも待機しています。

6号鉢で育てている9月上旬のアメリカ綿

現在、大小9個のがついていますが、上の方に複数のがついているのでバランスが悪いです。

種皮むき発芽させた9月上旬のアメリカ綿 花が咲き、実がついている

1番花の大きさに比例して小さいですが、それぞれのが大きくて、重くなってきました。

花が咲いて、実が大きくなってきた種皮むき発芽させた9月上旬のアメリカ綿

アジア綿

アジア綿発芽実験開始から101日後に15番花を咲かせました。

花を咲かせる種皮むき発芽させた9月上旬のアジア綿

アジア綿を多めに咲かせますが、落果も多く、現在なっているは7個です。アメリカ綿と比べては小さめで目立ちません。

実をつける種皮むき発芽させた9月上旬のアジア綿

続きは、
17. 発芽実験 15週間+1日後 ▶

17. 発芽実験 15週間+1日後

9月10日、発芽実験開始から106日目にアジア綿初開絮しました。

アメリカ綿が大きいので、もうしばらくかかりそうです。

また、暑さと成長が重なって、鉢が乾燥しやすくなってきました。

ワタ栽培は8号以上の鉢でないと厳しいと実感。


アメリカ綿

が重すぎてバランスを崩して倒れてしまったので、とりあえず支柱を立てました。ここまで大きく育ったのは嬉しい誤算です。

種皮むき発芽させた9月中旬に実のついたアメリカ綿 支柱を立てている

アジア綿

コットンボールが弾けて、白いワタが姿を現しました。

9月10日に初開絮したアジア綿

弾けたのは上の方のです。

種皮むき発芽させたアジア綿の初開絮したコットンボール

大鉢で育てたものと比較するとは全体的に小ぶりですが、今季育てたアジア綿で最速です。

(これまで1番は129日。)

9月に初開絮したアジア綿

続きは、
18. 発芽実験 18週間後 ▶

18. 発芽実験 18週間後

9月30日、発芽実験開始から126日目の様子です。

やや長めの日照不足が続きました。


アメリカ綿

アメリカ綿は9月21日に初開絮しましたが、が元々小さかったせいもあり、やっと弾けたコットンボールは小さい上にいじけた感じです。

種皮むき発芽させた9月下旬に実のついたアメリカ綿
種皮むき発芽させた9月下旬に初開絮したアメリカ綿のコットンボール

9月28日目に2番目が開絮

種皮むき発芽させたアメリカ綿のコットンボール 9月下旬に2個開絮

こちらはやや小さめですが、普通のコットンボールとなりました。

種皮むき発芽させたコットンボールのついたアメリカ綿

アジア綿

アジア綿は9月28日目に2番目・3番目が開絮

種皮むき発芽させた9月下旬のアジア綿
種皮むき発芽させた9月下旬のアジア綿 2番3番めの弾けたコットンボール
9月下旬 種皮むき発芽させたのアジア綿の3番目のコットンボール
9月下旬 種皮むき発芽させたのアジア綿の3番目の弾けたコットンボール

続きは、
19. 発芽実験 20週間+α後 ▶

19. 発芽実験 20週間+α後

10月になって日照時間が少なく、気温も下がってきたためか、しばらく変化がない状態が続きましたが、10月中旬にやっと新しくコットンボールが弾けてきました。


アメリカ綿

コットンボールが弾けて、ふっくらとしたわたが現れる姿はいつ見ても楽しいです。

種皮むき発芽させた10月中旬に4個開絮したアメリカ綿のコットンボール

鉢との大きさがアンバランスだっただけあってわたの存在感が大きい。

10月中旬に開絮した4個のアメリカ綿のコットンボール

アジア綿

白い綿花がポコポコとついている状態を見たかったので、なるべく収穫はしないでいたのですが、アジア綿の2番果のわたが落ちかけたので10月12日に収穫しました。

10月中旬 種皮むき発芽させたアジア綿の3番〜6番目のコットンボールが弾けているところ

10月19日には3番〜6番目の4個のが弾けています。

10月中旬 種皮むき発芽させたアジア綿に4個の弾けた実がついているところ

続きは、
20. 発芽実験 22週間後 ▶

20. 発芽実験 22週間後

10月28日、発芽実験開始から154日目の様子です。

同時に発芽実験を始め、同じ環境で育てたアメリカ綿アジア綿

コットンボールをつけた様子は並べて見比べると、こんな感じです。

10月下旬 種皮むき発芽させたアメリカ綿とアジア綿に弾けたコットンボール
アジア綿(左)  アメリカ綿(右)

アメリカ綿

10月下旬頃になってさらに気温は下がってきましたが、陽射しが少しだけ戻ってきました。アメリカ綿の7個目のコットンボールがようやく弾けて、残りはあと1個です。

10月下旬に開絮した7個のアメリカ綿のコットンボール

ワタ栽培としては小さめの6号鉢。

6号鉢で弾けたアメリカ綿のコットンボール

思いの外コンパクトで、にぎやかにふわふわの真っ白い綿花が咲く様子を見る事ができて良かったです。

10月下旬までに弾けた7個のアメリカ綿のコットンボール

アジア綿

アジア綿はほぼ変化がなく、これまでに6個のコットンボールが弾け、残りはあと1個となっています。

10月下旬 種皮むき発芽させたアジア綿に4個の弾けたコットンボールがついているところ
10月下旬 種皮むき発芽させたアジア綿の弾けたコットンボール

小さなも複数ついています。

10月下旬 種皮むき発芽させたアジア綿の弾けたコットンボールとまだ弾けていない実

このページは「なんだろな」の中の
このページは「なんだろな」

超時短発芽させたワタの成長