デジタル絵本 おちゃめなぷう太郎
ちゃんぽんは汁も残さず食べたいね

絵本の台紙見開きイメージ
  • ちゃんぽんは汁も残さず食べたいねタイトル
  • お店で、「ちゃんぽんは汁も残さず食べたいね。」と言いながら、幸せそうに汁をすするうさぎの「ぷう太郎」。
  • 突然「カポッ!」と、どんぶりが「ぷう太郎」の頭の上に被さった。驚く「ぷう太郎」。
  • 「あれれれれ」どんぶりを被って前が見えないまま、歩く「ぷう太郎」の姿を見て、無銭飲食を疑い、怒りのオーラを放つ調理中の店主。おしまい
  • おまけ1 頭に手ぬぐいをのせ、ラーメンのスープで半身浴をしながら、したたかな顔で「お箸ある?」と挑発的な態度をとる「ぷう太郎」。
  • おまけ2 「窮鼠猫を噛む、窮兎糞をする」。ラーメンの麺と一緒に箸ですくわれ食べられそうになった「ぷう太郎」は「神よラーメン!」言いながら、ほくそ笑んで、胡椒のようなフンをポロポロとして反撃している。
  • おまけ3 バチが当たって下半身をサツマイモに変えられた「ぷう太郎」。「釜茹での刑」の釜の両端で、八つ当たりするかしないかで対立する「天使うさぎ」と「悪魔うさぎ」。
  • おまけ4 スープカップの中で名古屋コーチンに扮し、「スープはやっぱり名古屋プーチンに限る」と愛嬌を振る舞う「ぷう太郎」。
  • おまけ5 ちろっと足を出し「誰もにくまん!」、蒸気を出して怒る「もう、おシューマイよ!」、餃子型シュラフに包まれ「コテッとしたギョーザ」等、点心に扮した「ぷう太郎」。